Eriko's Washi
日本古来の技法との融合
現代の手法による大型創作和紙
■現代の手法による立体和紙
■技法
  ・合わせガラス加工
  ・アクリル・ガラス加工
  ・タピストリー加工
  ・コーティング加工
一点物のオーダーについて

堀木エリ子の和紙
 ■現代の手法による立体和紙

針金や竹ひごなどの骨組みがなく、糊もしない特殊な手法。立体的に漉くことによって微妙な曲線まで自由に表現することができる。楮の繊維を茎のまま漉きこみ、抜け殻のように制作されている。
和紙を平面で漉くという固定概念を超え、3次曲面の表現を可能にした。

現代の手法による大型創作和紙<BACK

このページのTOPへ

NEXT>技法・合わせガラス加工
| WORKS | Exhibition | Production | Profile | Company | Product | 
Copyright (C) ERIKO HORIKI & ASSOCIATES.
Powered by doors internet service & Art Direction KATSUMI TODA/doors corporation